マンモススンスンの唄(デジタルコンテンツ)(マンモススンスンok.mp3)

¥ 100

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(3421435 バイト)

アドヴェンチャー・ランナー髙繁 勝彦が
オーストラリアのナラボー平原を走っているときに
道端で出会ったマンモスのフィギュア。
砂漠のナラボーで唯一の話し相手だった。
そのマンモスに「スンスン」と名づけて
可愛がっていたのでした。
そしてとうとう、作詞をしました。
その歌詞に妻のPiapiが曲をつけて
Q(ku:)が歌っています。
ほのぼのと和む唄です。
ぜひ聴いてみてくださいね。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する